SMAP 初“のど自慢” 異例の握手会も
smap_a02.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2142371711604471401/2142371791305609303


SMAPが、東日本大震災で被災した

岩手県山田町で、NHKのど自慢の放送70年記念番組

「SMAPプレゼンツNHKのど自慢in山田町」

の収録を行いました。尚、オンエアーは

9月26日(土)PM7:30~です。



SMAPが“のど自慢”に出演するのは始めて。

国民的グループが現れたことで、訪れた人々は誰もが

驚きの表情を浮かべ、大きな歓声を上げ、

中には感激で泣き出す人もいました。



メンバーの発案で、約600人の来場者を

玄関で一人一人、握手で出迎えたそうですよ。

また、SMAPは出場者予選に審査員として加わったほか、

3組に分かれて仮設住宅や仮設商店街を訪問しました。
 
スポンサードリンク











SMAPは、合格者とは一緒に喜び、残念な結果には

健闘をたたえ一緒に悔しがり、最後は代表曲の

メドレーを客席に降りて歌うなど、異例ずくめの1日となりました。



木村拓哉は、「逆に励まされ、力をもらった」と番組を振り返りました。

中居正広は、「あらためて歌は音程じゃない。気持ちが大事と感じた」

メンバーで唯一、「のど自慢」の出演経験があるのが香取慎吾は、

「自分も出演して感動する部分が多く、音楽っていいなとあらためて感じた。

他のメンバーにも早く味わってほしかった」とコメント。



被災地では、仮設住宅(プレハブ・その他)に住む住人は未だ5万人を

超え、復興は進んでおらず、まだボランティアを募っている状況ですので、

今回のことは、被災地の方々のとっては、一生の思い出となったのでは

ないでしょうか・・。

一日も早く、以前の生活が出来るようになることを、祈ります。