スポンサードリンク



●野波麻帆 『つやのよる』の画像が過激! 脱いだのは有言実行だった?

野波麻帆さんは16歳の時に第4回「東宝シンデレラ」でグランプリを受賞し
芸能界デビューしました。

2013年に公開された阿部寛主演の映画「つやのよる ある愛に関わった、 女たちの物語」(行定勲監督)で、ヌードや濡れ場シーンを演じました。

その時の過激な画像などを紹介します。


●野波麻帆(のなみ まほ)さん プロフィール
thG8Y847FV.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/7341766/

生年月日:1980年5月13日

出生地:東京都

身長:166 cm

血液型:O型

職業:女優

ジャンル:映画・テレビドラマ

活動期間:1996年~

配偶者:水上剣星(2012年~)

事務所:東宝芸能

●野波麻帆さん 『つやのよる』での画像が過激!
スポンサードリンク




『つやのよる』は、直木賞作家・井上荒野の小説を、行定勲監督で映画化
した作品です。

野波さんは、同作を「フランス映画っぽい。(登場人物が)それぞれの道で、
何か結論があるわけではない」と説明しています。

そして「フランスの女優さんとか海外の女優さんってポンポン脱ぐ。
それってすごくリアル。日本の人はあまり脱がないけれど、
(監督に)そういうリアルさがほしいっていわれて。
s-a865b3b957a3.jpg
http://gensun.org/pid/1932376
(体の)表(前面)は事務所的にNGだったんですけど、後ろは全部リアルに
出しますみたいな感じで。すぽんと脱ぎました」と笑顔を見せながら、
あっけらかんと語ったそうです。

そんな体当たりで演じた野波麻帆さんのラブシーン



●『つやのよる』で脱いだのは有言実行だった?
thH014OAN6.jpg
http://ssgtyper.blogspot.jp/2011/06/blog-post_4348.html
野波麻帆さんは

“つやのよるで脱いだのは有言実行だったんです”

と言っています。と言うのは、『つやのよる』の監督であった
行定監督の作品に出演するのは今回で2度目。
野波さんは前作の『パレード』の打ち上げで、

もしも脱ぐのなら、監督の作品が良いです

と言っていたんだそうです。
そしたら監督から、

脱ぐ気持ちはあるの?

と聞かれ、野波さんは

事務所はわからないですが、私はいつでも脱ぎます
thW7FWCHB6.jpg
http://blog.livedoor.jp/otonanoentamenews/archives/30009486.html

と答えたそうです。すると『つやのよる』に出演の話しが
来たそうで、それで監督に

覚えていてくださったんですか?

と聞くと、

覚えてるよ。ちょうど役柄がぴったりだったから」と。

それで出演をOKしたことから

私としては有言実行だったんです。」

とのことです。

●最後に
170x304x730e2b300cdd692dc4c168f2.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2138457024369996801
野波麻帆さんはファッション好きがこうじて、スタイリストとしても
活躍しており、仲良しである長澤まさみさんのスタイリストもしています。

また、DJとしての顔ももっています。

そして、小さい頃から英会話を習っていたり母がロスに住んでいた
こともあり英語が身近にあったようで、 とてもきれいな発音で英語を話すこともできるそうです。

まさに“才色兼備”です。

そんな野波麻帆さんはどんどん活躍の場を広げていきそうですね。

今後も注目の女優さんです!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気記事

ディーン・フジオカ:  腕にはタトゥーが?  経歴は?

緑川静香: でべそってホント? 貧乏だったの?

坂口健太郎: 彼女は?性格は?塩顔男子? 

宮沢りえ: 中津ひろゆきと離婚! 子供は?

SMAP:  初“のど自慢” 異例の握手会も 

川田裕美: 昔から可愛かった画像 昔の愛車が凄い! 

美馬玲子: 最低? どんな人なの?

スポンサードリンク