スポンサードリンク



Hysteric Blue 春 ナオキが解散の原因? 


Hysteric_Blue_-_JUNCTION_promo.gif
http://www.tanteifile.com/geinou
/scoop_2004/03/05_01/index.html

「Hysteric Blue(ヒステリックブルー」といえば、

「春〜spring〜」を思い浮かべる方も多いのでは

ないでしょうか。

今聞いてもとてもいい曲です。

当ブログ管理人の私も実はいまだにたまに

聞いております。

他には「なぜ・・・」もいいですねぇ。

その「春〜spring〜」をPVでご紹介!

そしてなぜ「Hysteric Blue」は解散してしまったのでしょうか。

 「Hysteric Blue」ってどんなグループだったの? 


「Hysteric Blue」はボーカルの“Tama”ドラムの“たくや”

ギターの“ナオキ”という3人で構成されていた音楽バンド。

元々は大阪城公園前などの路上で演奏し歌っていたそうです。

そして結成直後に業界関係者などに自分たちが歌った

デモテープを送ったそうです。

すると、のちにプロデューサーとなる佐久間正英さんの

耳にとまったことがきっかけでソニーレコードと契約

となります。

活動は1997年~2004年の3月までです。

 「春〜spring〜」は、いい曲! 


スポンサードリンク



「春〜spring〜」はHysteric Blueの2枚目のシングル。

発売は1999年1月。

ボーカルのTamaさんは1980年10月生まれですから、

18歳の時の映像というになりますね。

ご覧ください!



ナオキが解散の原因?


Hysteric Blueは2004年3月に解散しています。

原因はナオキさんの逮捕です。

なぜ逮捕されたのかというと、ナオキさんは強姦や

強制わいせつを行ったとのことです。

ナオキさんは東急東横線都立大学駅から帰宅途中の

20代の女性の跡をつけ、女性が自宅マンションに入った

ところを襲ったそうですが、どうやら他にも

余罪があったようです。

最後に


416WPkuQq2L._SL500_AA300_.jpg
http://www.allmusic.com/album/milestone-mw0000756673
Hysteric Blueは知らない間に見なくなったな・・って

思っていましたが、メンバーのナオキさんが逮捕されて

バンドが解散していたとは知りませんでした。

Tamaさんの歌声がまたどこかで聞けたら、って思います。

歌声が好きなのと、語尾を伸ばすときのアヒル口が・・

なんかいいです(^^)

以上「Hysteric Blue 春 ナオキが解散の原因?」でした。

購読ありがとうございました。

スポンサードリンク








 カテゴリ

 タグ